ユーザーローカルのチャットボットがMicrosoft Teams、Slack、Google Hangouts Chatと連携開始 ~社内チャットツール上の質問にAIが自動返答し、企業の働き方改革を支援~

 株式会社ユーザーローカル(東京都港区、代表取締役社長:伊藤将雄)は10月2日、人工知能を活用した自動応答システムであるサポートチャットボットと、業務用チャットサービス3製品(Microsoft Teams・Slack・Google Hangouts Chat)とのシステム連携を開始したことを発表します(写真123)。これによって、社内スタッフから管理部門に寄せられる質問にチャットツール経由で自動返答するチャットボットをノンプログラミングで構築することができるようになります。

■ユーザーローカル サポートチャットボット
URL : https://ai.userlocal.jp/

 近年、スマートフォン普及によってLINEなどチャットツールの利用が一般化し、ビジネスシーンでもSlackやLINE WORKS、Microsoft Teamsといった社内チャットツールが導入されるようになってきています。これにあわせ、本日から、サポートチャットボットは、Microsoft Teams、Slack、Google Hangouts Chatとの連携を開始します。以前から連携可能だったLINE WORKSと合わせて、より多くの社内チャットツールと接続できるようになりました。

 今回のシステム連携により、人事部・総務部・情報システム部の担当者は、これまで社内問い合わせ対応に割いていた時間を大幅に削減できます。ユーザーローカルでは、今後もサポートチャットボットを通じて企業の生産性向上を支援してまいります。


写真1 Microsoft Teamsとの接続例


写真2 Slackとの接続例


写真3 Google Hangouts Chatとの接続例


【サポートチャットボットについて】
 60億件を超えるSNS上の会話データの分析に基づく高度な自然言語処理技術と、テキスト解析の精度向上に特化した独自開発のAIを活用していることで、高品質な会話を実現します。ユーザーサポート業務に特化したAIチャットボットとして、業界最安値水準の低価格で提供しています。

URL : https://ai.userlocal.jp/

株式会社ユーザーローカルについて
・人工知能・ビッグデータ分析に特化した技術ベンチャー企業。2017年東証マザーズ上場(証券コード:3984)。
・社名  株式会社ユーザーローカル
・所在地 東京都港区芝5-20-6
・代表者 代表取締役社長 伊藤将雄

最新のプレスリリース

年度別一覧から探す

2019年 2018年以前
ページトップへ戻る