ユーザーローカル、スポーツ分野向けに姿勢推定AIを無料で提供
~選手の骨格の動きを、ディープラーニング技術によって自動推定~

 株式会社ユーザーローカル(東京都港区、代表取締役社長:伊藤将雄、以下ユーザーローカル)は、本日、ディープラーニングによって画像から人物の骨格を自動で検出する「ユーザーローカル姿勢推定AI」(写真1写真2写真3)を提供開始します。 モーションキャプチャのような高額な専用デバイスは必要なく、通常のカメラで撮影した映像の中から、首や肩・肘、手首・足首などの位置を高精度で推定することが可能です。画像に複数人が写っている場合でも対応します。

 昨今のスポーツ分野でのデータ分析ニーズの高まりに合わせ、ユーザーローカルは姿勢推定AIを、無償提供するもので、選手のフォーム改善やパフォーマンス向上のための分析にご利用いただけます。また、スポーツ業界のみならず、医療や防犯など他の領域でも活用可能です。

■ユーザーローカル姿勢推定AI
URL: https://humanpose-ai.userlocal.jp/

「ユーザーローカル姿勢推定AI」では、画像をアップロードするだけで骨格検知結果を、画像や数値データで取得可能。また、組み込み用WebAPIも提供するため、他のサービスに組み込むことも容易です。

 このAIは、スポーツ分野での利用以外にも、以下のようなシーンでの活用が期待できます。


■医療・ヘルスケア分野

リハビリの経過観察や、データに基づいた健康指導をサポートします。

■教育分野
中学校の授業で必修化されるダンスの指導や、授業中の姿勢の改善、児童・生徒の動きから集中度を測定して授業の評価・分析に活かすことができます。

■技術・技能の伝承
職人の高度な技術や、伝統芸能の伝承を目的として、骨格の動きをデータ化して保存することが可能です。

■防犯・見守り
街中や学校、駅など公共空間における異常行動や危険行動の監視・検知に利用できます。

■エンタテイメント分野
モーションキャプチャとして利用することで、バーチャルYouTuber(VTuber)などのアバター撮影に応用できます。

写真1

サッカー

写真2

写真3

【ユーザーローカルについて】
・人工知能・ビッグデータ分析に特化した技術ベンチャー企業。証券コード:3984。
・社名  株式会社ユーザーローカル
・所在地 東京都港区芝5-20-6
・代表者 代表取締役社長 伊藤将雄

最新のプレスリリース

年度別一覧から探す

2020年 2019年 2018年以前
ページトップへ戻る