野村不動産株式会社が働き方改革の一環としてユーザーローカルのAIチャットボットを採用
~テレワーク時に寄せられる問い合わせにも自動応答~

 株式会社ユーザーローカル(東京都港区、代表取締役社長:伊藤将雄)は、野村不動産株式会社(東京都新宿区、代表取締役:宮嶋 誠一、以下:野村不動産)の人事部門における業務効率化を目的として、人工知能を活用した自動応答システムであるサポートチャットボットを提供開始したことを発表します(写真1)。

ユーザーローカル サポートチャットボット
URL: https://ai.userlocal.jp/

 住まい、オフィス、商業施設・ホテル、物流施設、企業向け不動産サービスなど、幅広い不動産ビジネスを展開している野村不動産株式会社では、働き方改革に積極的に取り組んでおり、その一環として、今回ユーザーローカルのサポートチャットボットを導入しました。

 野村不動産では、以前より勤怠関連について社員から人事部門へ同様の問い合わせが多く寄せられおり、対応の効率化が課題となっていました。チャットボットは「休日出勤・振替休日の申請方法は?」「勤怠登録のやり方がわからない」といった社員からのよくある質問に自動対応すること可能なため、今回の導入により人事部門の業務効率化をさらに推進します。

 チャットボットは質問すればすぐに回答が得られるという利便性があるため、テレワーク中ですぐに周囲の社員に質問をすることができない環境でも、気軽に疑問点を解決することができ、問い合わせる社員側の生産性向上も期待できます。

 導入開始時点では、勤怠関連に関する約300通りの質問・回答をチャットボットに学習させています。今後は社員からの質問を分析して回答精度をさらに高め、勤怠関連以外の質問にも回答できるよう、チャットボットの内容を拡充していきたいとしています。

写真1

■サポートチャットボットについて
 60億件を超えるSNS上の会話データの分析に基づく高度な自然言語処理技術と、テキスト解析の精度向上に特化した独自開発のAIを活用した、高品質な会話を実現するチャットボットサービスです。株式会社JTBや鎌倉市など数多くの企業や官公庁に導入されており、株式会社キタムラでは繁忙期にサポートチームの労働時間を400時間削減することに成功しています。

URL : https://ai.userlocal.jp/

■株式会社ユーザーローカルについて
 株式会社ユーザーローカルは2019年に東証一部に上場(証券コード:3984)した技術ベンチャー企業です。「ビックデータ×人工知能で世界を進化させる」というビジョンのもと、数多くの企業や官公庁の業務効率化やマーケティングの支援を行っています。

・社名  株式会社ユーザーローカル
・所在地 東京都港区芝5-20-6
・代表者 代表取締役社長 伊藤将雄

最新のプレスリリース

年度別一覧から探す

2020年 2019年 2018年以前
ページトップへ戻る