(株)CBTソリューションズの遠隔試験システム「Remoty AI+(リモティAIプラス)」に、カンニング監視AI技術を提供

 株式会社ユーザーローカル(東京都港区、代表取締役社長:伊藤将雄)は、株式会社シー・ビー・ティ・ソリューションズ(東京都千代田区、代表取締役社長:野口功司、以下CBTソリューションズ)にオンライン試験カンニング抑止AI(写真1)を提供することを発表します。

 新型コロナウイルスの感染拡大にともない、大多数の受験者を収容する学校での試験や資格試験の実施が困難な状況が続いています。このため、インターネットを利用したオンライン試験の需要が急速に高まっていますが、オンライン試験では「カンニング行為」「替え玉受験」といった不正が発生しやすいという課題がありました。この問題に対し、ユーザーローカルでは、ディープラーニング技術による「オンライン試験カンニング抑止AI」を開発しています。

 今回、オンライン試験システム大手のCBTソリューションズの『Remoty AI+(リモティAIプラス)』にユーザーローカルのAI技術を提供することにより、オンライン試験の不正チェックを強化し、受験者は試験のためにわざわざ外出することなく試験を受けることが可能となります。

■CBTソリューションズの遠隔試験システム『Remoty AI+』のおもな特徴
1. 本人確認
事前登録した受験者が最後まで受験しているかを確認。替え玉受験を防止します。

2. 複数人物がいないかを判定
複数人物が写っていないかどうかを判定。協力者がいないかどうかを判定しています。

3. カンニング行為を検知
受験者の目線や体の動きをもとに、不正行為を行っていないかを推定。たとえば携帯電話を操作していないかなどをチェックします。

 ユーザーローカルでは、今後もディープラーニングをはじめとした先端の人工知能技術を活用し、社会課題の解決に尽力してまいります。


写真1


株式会社シー・ビー・ティ・ソリューションズについて
会社名 : 株式会社シー・ビー・ティ・ソリューションズ
Webサイト : http://www.cbt-s.com/
代表者 : 代表取締役社長 野口功司
設立年月 : 2009年5月
所在地 : 東京都千代田区神田須田町1-24-3 FORECAST神田須田町3F
主要事業 :
資格・検定試験プロデュースサービス、試験運営総合委託サービス(CBT・PBT・IBT)、
受験サポートシステム構築サービス、事務委託・印刷・データ処理・分析サービス、
資格・検定のポータルサイト「日本の資格・検定(https://jpsk.jp/)」の運営、
就職マッチングサービス「資格de就職(https://jpsk-job.jp/)」の運営、
銀座CBTS歌舞伎座テストセンターの運営(https://cbt-s.com/kabukiza-tc/)他

株式会社ユーザーローカルについて
人工知能・ビッグデータ分析に特化した技術ベンチャー企業。2019年東証一部上場(証券コード:3984)。
・会社名:株式会社ユーザーローカル
・所在地:東京都港区芝5-20-6
・代表者:代表取締役社長 伊藤将雄

最新のプレスリリース

年度別一覧から探す

2020年 2019年 2018年以前
ページトップへ戻る