サンドラッグがユーザーローカルのAI FAQシステムをよくある質問ページに導入
~会話口調での質問にも適切な回答を表示し、ユーザービリティを向上~

 株式会社ユーザーローカル(東京都港区、代表取締役社長:伊藤将雄)は、人工知能(AI)を活用してFAQサイトやナレッジベースを構築する「AI FAQシステム」を、株式会社サンドラッグ(東京都府中市、以下:サンドラッグ)のよくある質問ページへ提供開始したことを発表します(写真1)。

ユーザーローカル AI FAQシステム
URL: https://faq.userlocal.jp/

サンドラッグ よくあるご質問ページ
URL:https://cs.sundrug.co.jp/cs/content/faq/

 ドラッグストアや調剤薬局を運営するサンドラッグでは、丁寧で迅速な顧客サポートを実現するため、店舗での接客や、コールセンターでの電話やメール対応に加え、Webサイトで「よくある質問」を掲載していました。ただ既存のよくある質問ページは検索ができず、情報が探しづらかったため、顧客体験を損ねてしまっているとのではないかという懸念がありました。そこで、より簡単に知りたい情報を探すことができるよう、サンドラッグのよくある質問ページにユーザーローカルの「AI FAQシステム」を導入しました。

 AI FAQシステムではカテゴリをクリックして情報を探すことはもちろん、検索窓に「支払い方法が知りたい」「購入した商品を返品したい」というように会話口調で入力して回答にたどり着くことも可能です。またAI FAQシステムは独自のAI技術を活用しているため、ユーザー全体の利用傾向をもとに最適な回答を表示できるように自動学習していきます。

 サンドラッグはAI FAQシステムの導入により、顧客体験の向上を目指すとともに、チャットボットに入力される会話データなどを活用してサービス改善に活かし、DXを推進していきたいとしています。

写真1

■AI FAQについて
 60億件を超えるSNS上の会話データの分析に基づく高度な自然言語処理技術と、テキスト解析の精度向上に特化した独自開発のAIを活用したFAQシステムです。AI FAQシステムをユーザーローカルのサポートチャットボットと連携し、FAQデータを一元管理することも可能です。
URL : https://faq.userlocal.jp/


■株式会社ユーザーローカルについて
株式会社ユーザーローカルは2019年に東証一部に上場(証券コード:3984)した技術ベンチャー企業です。「ビックデータ×人工知能で世界を進化させる」というビジョンのもと、数多くの企業や官公庁の業務効率化やマーケティングの支援を行っています。
・社名  株式会社ユーザーローカル
・所在地 東京都港区芝5-20-6
・代表者 代表取締役社長 伊藤将雄

最新のプレスリリース

年度別一覧から探す

2021年 2020年 2019年 2018年以前
ページトップへ戻る