GMOクリック証券の口座申込ページにサポートチャットボットを提供開始

 株式会社ユーザーローカル(東京都港区、代表取締役社長:伊藤将雄)は、人工知能(AI)を活用した自動応答システムである「サポートチャットボット」を、GMOクリック証券株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長 鬼頭 弘泰、以下:GMOクリック証券)の口座申込ページへ提供開始したことを発表します。

ユーザーローカル サポートチャットボット
URL: https://chatbot.userlocal.jp/

GMOクリック証券 チャットボット設置ページ
かんたん口座申込フォーム: https://sec-sso.click-sec.com/join/simpleProspectiveInit.do
FX専用取引口座申込フォーム: https://sec-sso.click-sec.com/join/fxOnlyProspectiveInit.do

 GMOクリック証券は、株式をはじめ投資信託、先物・オプション、FX、CFD、債券といった様々な商品を取り扱い、利便性を追求した多彩な取引ツールを提供するインターネット証券会社です。GMOクリック証券では、コーポレートサイトに掲載する情報が多岐にわたることから、お客様に対してよりわかりやすいかたちでの情報提供の必要性を感じていました。特に口座申込ページでは、わからないことがあった場合、お客様がご自身で別ページに移動して商品説明の内容を確認したり、お問い合わせ窓口に連絡して質問する必要があるなど、課題解決に時間がかかっており、ユーザビリティの向上が課題となっていました。

 そこで今回、GMOクリック証券の口座申込ページ(写真1)において、お客様の不明点を即時に解決するため、ユーザーローカルのサポートチャットボット(写真2)が採用されました。サポートチャットボットは、独自のAI技術を活用することで、高品質でスムーズな自動応答を実現しています。

「NISA口座はだれでも開設できますか?」「マイナンバーの提出方法は?」など、お客様はチャット形式で気軽に質問するだけで、口座申込を進める際の疑問をご自身で解決できるようになるため、スムーズな口座申込が可能となります。 ユーザーローカルは、サポートチャットボットの提供を通じ、今後もGMOクリック証券のサービス品質の向上を支援してまいります。

写真1


写真2


■サポートチャットボットについて
 60億件を超えるSNS上の会話データの分析に基づく高度な自然言語処理技術と、テキスト解析の精度向上に特化した独自開発のAIを活用することで、高品質な会話を実現します。ユーザーサポート業務に特化したAIチャットボットとして、業界最安値水準の低価格で提供しています。

■株式会社ユーザーローカルについて
・早稲田大学の研究をもとに生まれた、人工知能・ビッグデータ分析に特化した技術ベンチャー企業です。
・社名  株式会社ユーザーローカル
・所在地 東京都港区芝5-20-6
・代表者 代表取締役社長 伊藤将雄

 

最新のプレスリリース

年度別一覧から探す

2021年 2020年 2019年 2018年以前
ページトップへ戻る