「カオナビ」がユーザーローカルのAIチャットボットを導入
~ユーザーサポートの品質向上と、サポートサイトのUI/UXの改善・向上を目指す~

 株式会社ユーザーローカル(東京都港区、代表取締役社長:伊藤将雄、以下:当社)は、人工知能(AI)を活用した自動応答システムである「サポートチャットボット」を、株式会社カオナビ(東京都港区、代表取締役社長 CEO 柳橋仁機、以下:同社)が提供するタレントマネジメントシステム「カオナビ」へ提供開始したことを発表します(写真1)。

ユーザーローカル サポートチャットボット
URL: https://chatbot.userlocal.jp/

「カオナビ」 サポートチャットボット設置箇所
ユーザー様向けサポートサイト: https://support.kaonavi.jp/

「カオナビ」は、社員の個性・才能を発掘し、戦略人事を加速させるタレントマネジメントシステムです。同社では導入企業が増加する中、サポートサイト上での情報収集の効率化やお問い合わせの手間を削減し、ユーザーの利便性向上を図ることで、よりサポート品質の向上や充実させられるのではないかと考えられていました。

 そこで同社は、当社の「サポートチャットボット」をサポートサイトに導入しました(写真1)。「サポートチャットボット」は自然言語処理に特化したAIを活用しているため、「パスワードを忘れてしまった」「管理者ユーザーを追加したい」など、チャットで入力するだけで適切な回答が表示され、ユーザーは不明点をスムーズに解決することが可能です。

 また同社は、ユーザーローカルが提供するWeb解析ツール「User Insight」を導入しており、「サポートチャットボット」と連携しています。この連携によりWebサイト上の行動履歴とチャットボットとの会話履歴を紐付けて管理できるため、ユーザーが疑問に思っていることや、知りたかったことをより深く分析することも可能になります。同社では分析データなども活用し、サポートサイトのUI/UX改善・向上させていくとしています。
 当社は今後も「サポートチャットボット」を通じて、「カオナビ」のユーザーサポートの品質向上を支援してまいります。


写真1


■サポートチャットボットについて
60億件を超えるSNS上の会話データの分析に基づく高度な自然言語処理技術と、テキスト解析の精度向上に特化した独自開発のAIを活用した、高品質な会話を実現するチャットボットサービスです。株式会社JTBや鎌倉市など数多くの企業や官公庁に導入されており、株式会社キタムラでは繁忙期にサポートチームの労働時間を400時間削減することに成功しています。

■株式会社ユーザーローカルについて
株式会社ユーザーローカルは2019年に東証一部に上場(証券コード:3984)した技術ベンチャー企業です。「ビックデータ×人工知能で世界を進化させる」というビジョンのもと、数多くの企業や官公庁の業務効率化やマーケティングの支援を行っています。

・社名  株式会社ユーザーローカル
・所在地 東京都港区芝5-20-6
・代表者 代表取締役社長 伊藤将雄

最新のプレスリリース

年度別一覧から探す

2021年 2020年 2019年 2018年以前
ページトップへ戻る