川崎汽船がDX推進のためユーザーローカルのAIチャットボットを導入
~AIを活用して社員からの問い合わせ対応を効率化~

 株式会社ユーザーローカル(東京都港区、代表取締役社長:伊藤将雄)は、川崎汽船株式会社(東京都千代田区、社長:明珍 幸一、以下:川崎汽船)の社内問い合わせ対応効率化を目的として、人工知能(AI)を活用した自動応答システムであるサポートチャットボット(写真1)を提供開始したことを発表します。

ユーザーローカル サポートチャットボット
URL: https://chatbot.userlocal.jp/

川崎汽船
URL: https://www.kline.co.jp/ja/index.html

 川崎汽船では、以前より、社員から管理部門に対して1ヶ月に約1000件の問い合わせが寄せられていました。また、管理部門の中には多くのグループがあるため、社員は問い合わせをする際に適切なグループを探すことにも時間がかかっていた状況でした。

 そこで今回、川崎汽船は社内問い合わせ対応の効率化を目的として、人工知能(AI)を活用した自動応答システムであるサポートチャットボット(写真1)を導入しました。サポートチャットボットは約400通りの質問・回答をチャットボットに学習させ、「国内出張の適用範囲は?」「慶弔休暇の日数と申請方法について教えてください」といった社員からの質問に自動で対応します。

 チャットボットで社員からの問い合わせ対応が効率化されることによって、今まで質問対応で業務を中断せざるを得なかった管理部門が本来の仕事に取り組めるようになり、生産性の向上を実現します。さらに、問い合わせる側の社員にとっても、問い合わせする担当者を探す手間もなくなって疑問点を即時解決でき、スムーズに業務を進められるようになります。

 今後もユーザーローカルは、サポートチャットボットを通じて川崎汽船のDX推進を支援してまいります。

写真1


■サポートチャットボットについて

 60億件を超えるSNS上の会話データの分析に基づく高度な自然言語処理技術と、テキスト解析の精度向上に特化した独自開発のAIを活用した、高品質な会話を実現するチャットボットサービスです。株式会社JTBや厚生労働省など数多くの企業や官公庁に導入されており、株式会社東急ハンズではユーザーからの問い合わせを50%以上削減することに成功しています。

■株式会社ユーザーローカルについて
株式会社ユーザーローカルは2019年に東証一部に上場(証券コード:3984)した技術ベンチャー企業です。「ビックデータ×人工知能で世界を進化させる」というビジョンのもと、数多くの企業や官公庁の業務効率化やマーケティングの支援を行っています。
・社名  株式会社ユーザーローカル
・所在地 東京都港区芝5-20-6
・代表者 代表取締役社長 伊藤将雄

最新のプレスリリース

年度別一覧から探す

2021年 2020年 2019年 2018年以前
ページトップへ戻る