「横浜・八景島シーパラダイス」公式サイトにユーザーローカルのAIチャットボットを導入
~シーパラシー太が「チケットは何歳から必要?」「イルカに触りたいのですが」といった質問にいつでも回答~

 株式会社ユーザーローカル(東京都品川区、代表取締役社長:伊藤将雄)は、横浜・八景島シーパラダイス(神奈川県横浜市、総支配人:高橋直人)の公式サイト(写真1)に、自動応答AIであるサポートチャットボット(写真2)を提供開始したことを発表します。マスコットキャラクターの「シーパラシー太」が、「チケットは何歳から必要なんですか?」、「イルカに触ることはできますか?」といった質問に素早く回答します。

ユーザーローカル サポートチャットボット
URL: https://chatbot.userlocal.jp/

「横浜・八景島シーパラダイス」公式サイト
URL: http://www.seaparadise.co.jp/

 神奈川県横浜市で水族館・アトラクションなどが併設する複合型レジャー施設「横浜・八景島シーパラダイス」では、お客様からの問い合わせにリアルタイムで24時間対応できる窓口を設けたいと考えていました。そこで、お客様がサイト上ですぐに疑問を解消できるように、独自AI技術でスムーズに自動応答できるユーザーローカル サポートチャットボットを導入しました。

 お客様からのお問い合わせ対応を自動化するだけでなく、質問ログからお客様のニーズを可視化し、水族館やアトラクション、ショップなど各担当者にフィードバックすることで、新しいイベント企画の立案にも役立てることができます。ユーザーローカルはサポートチャットボットを通じて、今後も横浜・八景島シーパラダイスのお客様サポート品質の向上を支援してまいります。


写真1


写真2


■サポートチャットボットについて
60億件を超えるSNS上の会話データの分析に基づく高度な自然言語処理技術と、テキスト解析の精度向上に特化した独自開発のAIを活用した、高品質な会話を実現するチャットボットサービスです。株式会社JTBや厚生労働省など数多くの企業や官公庁に導入されており、株式会社東急ハンズではユーザーからの問い合わせを50%以上削減することに成功しています。

■株式会社ユーザーローカルについて
株式会社ユーザーローカル(東証プライム、証券コード:3984)は「ビッグデータ×人工知能で世界を進化させる」というビジョンのもと、数多くの企業や官公庁の業務効率化やマーケティング支援を行う技術ベンチャー企業です。
・社名  株式会社ユーザーローカル
・所在地 東京都品川区大崎2-11-1 大崎ウィズタワー4F
・代表者 代表取締役社長 伊藤将雄

最新のプレスリリース

年度別一覧から探す

2022年 2021年 2020年 2019年 2018年以前
ページトップへ戻る