イトーヨーカ堂、ユーザーローカルのAIチャットボットを導入
~店舗からのギフトに関する問い合わせ対応を自動化し、繁忙期の問い合わせが8割減~

 株式会社ユーザーローカル(東京都品川区、代表取締役社長:伊藤将雄)は、株式会社イトーヨーカ堂(東京都千代田区、取締役社長:山本 哲也、以下:イトーヨーカ堂)に、店舗から本部に寄せられるギフトや販売に関する問い合わせ対応業務を解消することを目的として、人工知能(AI)を活用した自動応答システムであるサポートチャットボット(写真1)を提供開始したことを発表します。

ユーザーローカル サポートチャットボット
URL : https://chatbot.userlocal.jp/

 国内126店舗を展開するイトーヨーカ堂では、2,500点ほどのギフト(写真2)を扱っており、各店舗のスタッフからの問い合わせが多く、対応が課題となっていました。

そのような問い合わせに、即時自動で回答できるようにするため、ユーザーローカルが開発するサポートチャットボットを導入しました(写真1)。このチャットボットに「ギフトの梱包を確認したい」や「ギフトのアレルゲンを確認したい」、「配送開始日はいつですか?」といった質問を投げかけるとスムーズに回答へ誘導します。

 お中元ギフトの繁忙期では、本部への入電数最大8割削減といった成果を出すことができ、店舗のスタッフも即座に不明点を解決できることで、接客に集中できる環境づくりにも繋がっています。

 ユーザーローカルは、今後もサポートチャットボットを通じて、イトーヨーカ堂の業務効率化の取り組みを支援していきます。


写真1

写真2

■サポートチャットボットについて
 60億件を超えるSNS上の会話データの分析に基づく高度な自然言語処理技術と、テキスト解析の精度向上に特化した独自開発のAIを活用した、高品質な会話を実現するチャットボットサービスです。株式会社JTBや厚生労働省など数多くの企業や官公庁に導入されており、株式会社ハンズではユーザーからの問い合わせを50%以上削減することに成功しています。

■株式会社ユーザーローカルについて
 株式会社ユーザーローカル(東証プライム、証券コード:3984)は「ビッグデータ×人工知能で世界を進化させる」というビジョンのもと、数多くの企業や官公庁の業務効率化やマーケティング支援を行う技術ベンチャー企業です。
・社名  株式会社ユーザーローカル
・所在地 東京都品川区大崎2-11-1 大崎ウィズタワー4F
・代表者 代表取締役社長 伊藤将雄

最新のプレスリリース

年度別一覧から探す

2022年 2021年 2020年 2019年 2018年以前
ページトップへ戻る