株式会社LIXILがITヘルプデスクのバーチャル新人スタッフとしてユーザーローカルのAIチャットボットを採用

 株式会社ユーザーローカル(東京都港区、代表取締役社長:伊藤将雄)は、株式会社LIXIL(東京都江東区、代表取締役:大坪一彦、以下:LIXIL)の社内ITヘルプデスク業務の効率化を目的として、人工知能を活用した自動応答システムであるサポートチャットボットを提供開始したことを発表します(写真1)。

ユーザーローカル サポートチャットボット
URL: https://ai.userlocal.jp/

 建築材料・住宅設備機器を取り扱う株式会社LIXILでは、以前からITヘルプデスクに社員からの問い合わせが多く寄せられており、対応の効率化が課題となっていました。そこで今回、ユーザーローカルのサポートチャットボット(画像1)をITヘルプデスクのバーチャル新人スタッフとして導入し、「PCのトラブルが発生したときはどうすれば良い?」「PCのパスワードを忘れました」といった社員からの質問に自動対応することで、ITヘルプデスクの業務効率化を推進します。

 チャットボットは質問すればすぐに回答が得られるという利便性があるため、問い合わせる社員側の生産性向上も期待できます。また、チャットボットには社員が困った時に目印になれるようにという意味をこめて「あかり」と名前をつけることで、親近感を持ってもらい気軽に質問できるような工夫をしています。

 導入開始時点では、社内ITヘルプデスク業務に関する約250通りの質問・回答をチャットボットに学習させています。今後は社員からの質問を分析して、さらに回答精度を高めていきたいとしています。

写真1

■サポートチャットボットについて
 60億件を超えるSNS上の会話データの分析に基づく高度な自然言語処理技術と、テキスト解析の精度向上に特化した独自開発のAIを活用していることで、高品質な会話を実現します。ユーザーサポート業務に特化したAIチャットボットとして、業界最安値水準の低価格で提供しています。

■株式会社ユーザーローカルについて
・人工知能・ビッグデータ分析に特化した技術ベンチャー企業。2019年東証一部上場(証券コード:3984)。
・社名  株式会社ユーザーローカル
・所在地 東京都港区芝5-20-6
・代表者 代表取締役社長 伊藤将雄

最新のプレスリリース

年度別一覧から探す

2020年 2019年 2018年以前
ページトップへ戻る