洋服の青山を運営する青山商事がユーザーローカルのAIチャットボットを採用~Google Chatと連携し、社員からの問い合わせに自動応答~

 株式会社ユーザーローカル(東京都港区、代表取締役社長:伊藤 将雄)は、青山商事株式会社(広島県福山市、代表取締役社長:青山 理、以下:青山商事)に人工知能(AI)を活用した自動応答システムである「サポートチャットボット」を提供開始したことを発表します(写真1)。

ユーザーローカル サポートチャットボット
URL: https://chatbot.userlocal.jp/

 衣料品の企画・販売に関するさまざまな事業を展開する青山商事では、本社や各店舗の社員から管理部門へ「立替申請の金額を間違えた」「POSの操作方法がわからない」などの問い合わせが多く寄せられており、その対応工数の負担が課題となっていました。

 そこでユーザーローカルは青山商事にサポートチャットボットを提供しました。サポートチャットボットは独自のAI技術を活用しているため、自由入力で質問するだけでスムーズに回答に誘導できます。さらに今回はサポートチャットボットをGoogle Chatと連携させることでPCだけでなくスマートフォンでも疑問を自己解決することができるようになります。

 サポートチャットボットの導入により、青山商事の管理部門では社内問い合わせへの対応工数削減や、問い合わせ内容や推移の可視化が期待されています。ユーザーローカルは、今後も青山商事のDX推進を支援していきます。

写真1

■サポートチャットボットについて
 60億件を超えるSNS上の会話データの分析に基づく高度な自然言語処理技術と、テキスト解析の精度向上に特化した独自開発のAIを活用した、高品質な会話を実現するチャットボットサービスです。株式会社JTBや鎌倉市など数多くの企業や官公庁に導入されており、株式会社キタムラでは繁忙期にサポートチームの労働時間を400時間削減することに成功しています。


■株式会社ユーザーローカルについて
 株式会社ユーザーローカルは2019年に東証一部に上場(証券コード:3984)した技術ベンチャー企業です。「ビックデータ×人工知能で世界を進化させる」というビジョンのもと、数多くの企業や官公庁の業務効率化やマーケティングの支援を行っています。

・社名  株式会社ユーザーローカル
・所在地 東京都港区芝5-20-6
・代表者 代表取締役社長 伊藤将雄

 

最新のプレスリリース

年度別一覧から探す

2020年 2019年 2018年以前
ページトップへ戻る