株式会社ユーザーローカル

プレスリリース

バーチャルYouTuberの市場成長に関する分析調査結果を発表

 株式会社ユーザーローカル(東京都港区、代表取締役社長:伊藤将雄)は、株式会社CyberV(東京都渋谷区、代表取締役社長:兵頭陽)と協力し、バーチャルYouTuberの市場成長に関する分析結果を発表いたします。

 YouTubeなど動画サイト上でCGキャラクターがタレント活動するバーチャルYouTuber(VTuberともいう)がこの半年間でどの程度増えたのかや、ファン数や再生回数の伸びを分析したところ、いずれも大きく成長していることが判明しました。


■バーチャルYoutuberの推移
2018年1月末から7月末時点のバーチャルYouTuberの人数の月次推移。この半年間で4000人以上ものバーチャルYouTuberが誕生していることがわかった。平均すると1日あたり20人がデビューしていることになる。

写真1


■バーチャルYoutuberのファン総数の推移
各バーチャルYouTuberのチャンネル登録者人数(ファン数)を合算したのべ人数。

写真2


この半年の間にファン総数は3倍以上も増えたことがわかった。

■バーチャルYoutuber動画の再生回数の総数推移
バーチャルYouTuberの動画がどのぐらい再生されているかの累計総数グラフ。

写真3


再生総数も安定的に増えており、この半年の間に3倍以上に伸びている。

■バーチャルYouTuberのYouTubeチャンネルファン数とTwitterファン数を調査
各バーチャルYouTuberには、何人のTwitterフォロワーがいるのかを調査し、対数の散布図にした。横軸はYouTubeチャンネルのファン数、縦軸はTwitterフォロワー数である。

写真4


YouTubeとTwitterのファン数の相関係数を取ったところ「0.83479」であった。Twitterのフォロワー数との正の相関性がとても強い。


株式会社CyberV 認知調査結果
https://cyberv.co.jp/2018-08-06-release/

株式会社ユーザーローカルについて
・早稲田大学の研究をもとに生まれた、人工知能・ビッグデータ分析に特化した技術ベンチャー企業です。
・社名  株式会社ユーザーローカル
・所在地 東京都港区芝5-20-6
・代表者 代表取締役社長 伊藤将雄

本件に対するお問い合わせ
https://www.userlocal.jp/contact/